×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

loewe(ロエベ)の歴史@

loewe(ロエベ)は、皮革製品で有名なスペインのブランド。現在ルイ・ヴィトンなどに代表されるLVMHグループに属する。loewe(ロエベ)は1846年にマドリッドに誕生した皮加工工房に、ドイツ人のハインリヒ・ロスマン=レーヴェ(エンリケ・ロエベ・ロスバーグ) Heinrich Rossmann-Loewe(1844年ドイツ生まれ)が1872年に訪れ、その後スペイン人のピラール・アロンソPilar Alonsoと結婚し、1892年マドリッドに開いた革製品専門店が元になっている。



>> バッグやサングラスなどloewe(ロエベ)の新着アイテムを今すぐチェック★

loewe(ロエベ)の歴史A

loewe(ロエベ)は世界最高水準の革を使ったバッグや小物、洋服が有名で、loewe(ロエベ)はスペイン王室御用達のブランドである。loewe(ロエベ)はスペインで生産される革の上位3%を独占できる権利を持ち、ルイ・ヴィトンやグッチなどはそれよりも低ランクの革を使用せざるをえない。loewe(ロエベ)1846年からの皮工房技術を継承していることから、その歴史は1846年からとも言える。現在のloewe(ロエベ)のデザイナーはベルギー生まれのホセ・エンリケ・オナ・セルファである。

loewe(ロエベ)を使う年代

loewe(ロエベ)を持っている人に多いのはミセスであり、30代後半〜のアッパークラスの女性に愛用されています。loewe(ロエベ)の中心コレクションであるアマソナ・センダ・エセンシアなどはミセスのユーザーが多いですね。それでも、近年は、若い女性を意識したloewe(ロエベ)コレクションを多く発表しています。たとえば、近年loewe(ロエベ)で発表されたLOEWE160コレクションは歴代のロゴをあしらうことでエレガントなムードを維持させながらもキャンバス素材とのコンビでカジュアルさも出しながら、若い女性が気軽に持てるラインになっていました。

Copyright © 2008-2009 loewe(ロエベ)を使いこなそう!

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。